先輩入居者の声

SCROLL

Oさん

2019.09.03 先輩入居者の声

大学進学で上京するにあたり、両親から勧められたのが開成井の頭学生会館。入館する前は時間的な制限を受けるのは嫌だなあと思っていましたが、2年が過ぎた今になれば学生会館でよかったと思っています。確かに食事時間や門限などありますが、そんなことは学校生活に慣れてくると些細な問題で、「時間制限が無ければなあ」と思わせるような主に遊び的な出来事は、そうしょっちゅう行われるものではないからです。それより食事などの生活的な問題の方が、はるかに大きいと最近感じました。アパートで一人暮らししている友人たちの中には、毎日同じものを食べていて飽きたから食べたくないとか、一時間目の授業があるのに起きたら昼だったのでもう学校に行かないとか、そういうのが何人も出てきたからです。何かと流されやすい性格の私がアパートで一人暮らしをしていたらと考えるとゾッとします。
その点も踏まえて、繰り返しになりますが開成井の頭学生会館に入館してよかったと今は思っています。大学までは徒歩時間を含めても30分くらいですし、寮長や寮母さんがいつもいて、食事の支度をしてくれるというのは何かと安心できます。それに自分とは違う目標を持っている違う学校の友人たちと接するのは、非常に刺激的です。同じ学校の人たちだけの学校指定学生会館では味わうことができない、うまくは言えませんが、何か『広がり』みたいなものをいつも感じます。